屋根カバー工法 屋根リフォーム - 外壁塗装 屋根塗装 防水工事 埼玉県|株式会社ケイナスホーム

診断・見積無料!ぜひご相談ください
  • 電話
  • メニュー
メールからのお問い合わせはこちら
お電話フリーダイヤル0120-55-5056

〒349-0127 埼玉県蓮田市見沼町15-2

  • 定休水曜
  • 営業時間8:00〜18:00

屋根は見えないところでダメージを受けています

屋根は、ルーフィングという防水シートを下に敷くことで雨漏りを防いでいます。
屋根自体の劣化が少なくとも、25年程経過すると、このルーフィングが傷みだし、雨漏りを引き起こす原因となるのです。
屋根塗装を繰り返し行った後に葺き替えをするのでは、結局イニシャルコストもランニングコストもかかってしまいます。ですので、できるだけ早い段階でカバー工法を施工することをお薦めします。屋根材がカラーベストの場合は特に注意です。

イメージ

カバー工法について

カバー工法とは、現状の屋根材の上から新しい屋根をかぶせる(カバーする)工法のことです。
塗装よりも長持ちし、既存の屋根の解体や処分する手間がかからないので、葺き替えよりもコストを安くできる上、廃材も少ないエコな工法です。

  • イメージ
    防水紙を取り付けます
  • イメージ
    屋根材を取り付けます
  • イメージ
    棟木を付けて完成です
イメージ
イメージ
 ※60㎡程度の規模の切妻屋根を想定しています。
※写真はイメージです。

 

おすすめ屋根材

高耐久断熱屋根材

セネター




セネターは1㎡あたり約7kgと、粘土瓦の1/9の軽さです。そのため家の重心が低くなり耐震性が高まり、
建物の構造負担を軽減することができ地震に強い住まいになります。


独自のインターロック法で屋根材本体を1枚1枚ビスで垂直・水平方向に連結し、しっかり固定するため風速70m/s時の風圧にも耐え、
下から吹き上げる激しい風にも強さを発揮します。



表面の天然石ストーンチップの凸凹が、雪を止め、急勾配の屋根でも落雪しにくくなります。
雪止め金具と同等の効果のある屋根材として認められている屋根材です。
雪止め金具を設置するコストがおさえられるだけでなく、屋根の美観も損なう心配がありません。



セネターには「天然石」と「ガルバリウム鋼板」を使用している為、色あせの心配がありません。
塗り替えることなく、長きにわたり屋根の美観を保つことが実証されています。



屋根表面のストーンチップが雨音を吸引・拡散するため、室内は静かで快適な日常生活を過ごせます。
さらに、鋼板とストーンチップの複合効果により速やかな放熱が期待でき、断熱効果もアップします。

 

メールでのお問い合わせはこちら