埼玉県杉戸町のお家の劣化が気になり始めたお宅にて屋根・外壁塗装、付帯部塗装を行いました。 - 外壁塗装 屋根塗装 防水工事 埼玉県|株式会社ケイナスホーム

診断・見積無料!ぜひご相談ください
お電話フリーダイヤル0120-55-5056

【本店】埼玉県北足立郡伊奈町小室2268-125
【さいたま見沼店】埼玉県さいたま市見沼区膝子750

  • 定休火・水
  • 営業時間9:00〜18:00

埼玉県杉戸町のお家の劣化が気になり始めたお宅にて屋根・外壁塗装、付帯部塗装を行いました。

塗装箇所 外壁屋根ベランダその他
クリア
塗料 シリコンラジカル
症状 カビ・コケ雨漏りコーキング劣化その他
地域 その他
杉戸町K様邸施工後

Before

イメージ

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/keinasu3.com/public_html/wp-content/themes/keinasuhome-2/single-example.php on line 126

After

イメージ

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/leadsv/keinasu3.com/public_html/wp-content/themes/keinasuhome-2/single-example.php on line 142

担当からのコメント

埼玉県北足立郡伊奈町の外壁塗装・屋根専門店のケイナスホームです。

埼玉県杉戸町の施主様から屋根・外壁クリア塗装のご依頼をいただきました。

大切な自宅のメンテナンスをケイナスホームにお手伝いさせていただき感謝しております。

 

使用塗料・施工金額は最後に記載させていただいております。

 

 

施主様からのご相談内容

年数的のお家の状態が気になるとの、ご相談をいただき、

現地調査にお伺いし、状況を確認をさせていただきました。

杉戸町K様邸現調1

お伺いし、早速調査をさせていただくと、

シーリング材が劣化しており、隙間や亀裂が

発生している状態でした。

現状、外壁にひびは目立って発生していませんが、

隙間から水が浸入し、サイディングボードが

水分を含むと反り返りが発生し、ひびに

繋がってくる恐れがあります。

杉戸町K様邸現調2

屋根の方は、苔が目立ち、瓦にも反り返りが

出ている状態です。

苔は放置してしまうと、水分を含み瓦を濡らして

しまいますので、凍害によるひび割れ等に

繋がってきます。

反り返りが起こる原因は瓦が水分を含み、

伸縮する事により、反り返りが生じてきます。

こちらも放置してしまうと反り返りが強くなり

瓦が割れてくる原因となります。

杉戸町K様邸現調3

ベランダを拝見させていただくと、防水の状態が

かなり劣化してきている状況でした。

全体的に白く退色しており、防止塗料が劣化して

しまっています。また、防水塗料表面にもひびが

入り始め、水の浸入が疑われる状態です。

杉戸町K様邸現調4

ベランダの軒天部分を見てみると、黒く染みに

なっている箇所が見られ、雨漏りをしている

可能性があります。

軒天の縁が黒く染みの様に変色している場合には

雨の巻き込み等が主だった原因ですので、

そこまで心配する必要はありませんが、

軒天の中央部分ぐらいまで、染みが見られる

場合には注意が必要です。

 

今回は防水面の状況も悪く、雨漏りの可能性も

ありましたので、通気緩衝工法による防水施工を

ご提案させていただきました。

 

屋根と外壁については、塗装をご提案させて

いただき、外壁の既存の風合いを生かしたい

とのご要望でにより、クリア塗装をご提案

致しました。

 

施工内容

高圧洗浄

杉戸町K様邸洗浄屋根 杉戸町K様邸洗浄壁

まずは洗浄を行い、長年溜まった汚れ等を落とし、

塗装に最適な状態にします。

弊社ではバイオ洗浄薬を使用し、洗浄を行いますので

苔やカビをしっかりと洗い流すことが可能です。

苔等の処理をいい加減にしてしまうと、塗膜の

内側で増殖し、剥がれや膨れを招く可能性が

ありますので、しっかりと洗い流すことが大事です。

 

クリア塗装では下地の状態がそのまま出てしまう

為、しっかりと洗浄する事が重要です。

 

足場には飛散防止シートを貼りますので、

ご近隣の方々へのご迷惑は最低限に抑える事が

できます。

 

洗浄後は十分に乾燥させます。

 

屋根塗装工事

杉戸町K様邸タスペーサー挿入

下塗り工程が終わりましたら、タスペーサーを

挿入します。

 

タスペーサーとは、縁切り施工を行う上で使用する

物です。

スレート瓦の場合、瓦の重なり目部分にて隙間が

確保されていないと、かえって雨漏りに繋がる

恐れが出てきます。

湿気や寒暖差等によって発生した結露の水が抜ける

スペースが無くなってしまい、瓦の止め釘から中へ

浸入してしまう事がある為です。

その為、、タスペーサーを使用して隙間を確保する

必要があるのです。

 

ただし、瓦の状態によっては設置をしない方がいい

場合もありますので、設置する前に瓦の状態を調査

する必要がありますのでご注意ください。

杉戸町K様邸中塗り 杉戸町K様邸上塗り

※中塗り→上塗りの順

今回使用した塗料はエスケー化研のプレミアムルーフSi

です。高耐候性塗料で、ラジカル制御型塗料の一種です。

ラジカル制御塗料とは、塗料の劣化の原因であるラジカル

の発生を抑える事によって、長期の耐久年数を実現させて

いる塗料になります。

 

外壁塗装工事

杉戸町K様邸クリア1

クリア塗装では二回塗りで仕上げます。

施主様のお宅の様に意匠性の高い外壁の場合、

クリア塗料を使う事で風合いをそのままに塗装を

行う事が出来ます。

クリア塗装は下地の状態がそのまま仕上がりに

影響してしまいますので、色褪せが強い場合など

にはクリア塗装はあまりお勧めは出来ません。

(色褪せた風合いのまま艶が出るような形に

なり、美観良く仕上がらなくなってしまいます。)

杉戸町K様邸クリア2

↑クリア塗装二回目

また、クリア塗装は職人の技術力により仕上がりに

差が出てしまいます。

技術の未熟な職人によって施工を行うと、不均一な

仕上がりになってしまったり、ローラーの毛が混入

してしまったりなどが起こってしまう可能性があり

ます。

 

目地打ち替え工事

クリア塗装では後打ち施工にてシーリング工事を

行います。

これは外壁を先に塗装してから、シーリング工事

を行う施工法です。

後打ち施工をする理由はシーリング材にクリア

塗料を塗装してしまうと、割れや剥がれが起きる

可能性がある為です。

弊社では超耐久性のオート化学工業の

オートンイクシードを使用しています。

杉戸K様邸使用材料

↑オートンイクシード(カートリッジタイプ)

 

これは暴露状態(シーリング材そのものが

露出している状態)でも20年~30年程度の

耐久性が見込める物になっています。

ですので、お家のメンテナンスサイクルを

延ばすことが出来ます。

杉戸K様邸シーリング撤去

前置きが長くなってしまいましたが、打ち替え

工事ではまず、既存のシーリング材を撤去します。

撤去方法はシーリング材にカッターを入れて

切り取る方法が一般的です。

杉戸K様邸プライマー

撤去をしたらプライマーを塗りこんで行きます。

プライマーは新たに充填したシーリング材の

密着性を高める為に塗るものになります。

プライマーを塗らずに充填してしまうと、

数年で壁から剥がれ、隙間が発生してしまったり

等の不具合に繋がってしまいます。

杉戸K様邸シーリング充填

新たなシーリング材を充填し、ならして、

奥まで詰め込みます。

ならし終えたらマスキングテープを剥がして

完了になります。

 

 

杉戸K様邸目地施工完了

 

サッシ廻りにもシーリングを施します。

こちらでは撤去が難しい為、増し打ち施工を

行っていきます。

(無理に撤去しようとすると、サッシを傷めて

しまったり、壁を傷めてしまう恐れがあります。)

杉戸K様邸サッシプライマー

増し打ち施工では既存のシーリング材の上に

プライマーを塗ります。

杉戸K様邸サッシシーリング

新たなシーリング材を上から打ち込みます。

打ち込み終えたらならして完了となります。

杉戸K様邸サッシ完了

↑サッシ廻りシーリング完了

 

ベランダ防水塗装(通気緩衝工法)

杉戸町K様邸ベランダ合板張り

今回、施主様のお宅では防水面はFRPによって

造成されていたのですが、長年の使用により、

塗装補修では不十分なほど劣化してしまって

居ました。

その為、通気緩衝工法によるFRP面の上に更に

防水層を形成する方法で施工を行います。

まずは上の写真の様に合板を貼り、下地を作り

ます。

その後、通気緩衝シートを敷設し、ウレタン防水材

を流し込み(塗装)していきます。

杉戸町K様邸ウレタン1

↑見づらいですが、手前の流水溝のところにて

下地のシートが若干透けています。

一度目の塗装が終わり十分に乾燥させたら、

二度目の塗装を行い、完了となります。

杉戸町K様邸ウレタン2

↑防水工事完了後

なお、通気緩衝工法で忘れていけないのは脱気筒

と呼ばれる部材の設置が必要になるという点です。

杉戸町K様邸脱気筒

上のお写真の様な脱気筒を設置しないと、折角の

防水塗装が下地から発生した水蒸気などに逃げ場が

無くなり膨れてダメになってしまいます。

それを防ぐために脱気筒で空気の逃げ道を作る

事が重要になるのです。

脱気筒は、一般的には60㎡程度に一つ設置を

すれば十分ですので、通常のベランダであれば

一つ設置をするだけで十分です。

※ベランダ形状によっては二か所設置した方が

良い場合もあります。

空気の抜け道の為、勾配の高い位置(壁際が多いです)

に設置します。

 

付帯部塗装

杉戸町K様邸庇 杉戸町K様邸化粧板 杉戸町K様邸シャッターボックス

俗に付帯部と呼ばれる、庇や化粧板も紫外線による

色褪せは避けられませんので、塗装をする事で美観

の向上や、紫外線から保護する事が可能です。

庇やシャッターボックスは鉄製の為、塗装をする事で

錆の抑制も期待できます。

雨樋等も塗装をする事で、紫外線劣化を抑え、美観を

向上させる事が可能です。

 

以上で、ご紹介は終わりとなります。

 

改めまして、K様、この度は弊社にご依頼いただきまして、

誠にありがとうございました。

 

屋根塗料:プレミアムルーフSi

外壁塗料:クリーンSDトップ

屋根使用色:スレートブラック(RC-110)

 

 

施工金額:¥1,823,800-

  • お問い合わせ
    LOGO

    【本店】〒362-0806
    埼玉県北足立郡伊奈町小室2268-125
    【さいたま見沼店】〒337-0021
    埼玉県さいたま市見沼区膝子750
    定休日:火・水
    営業時間:9:00~18:00
    TEL : 048-792-0794
    FAX : 048-792-0795
    フリーダイヤル : 0120-55-5056

    対応エリア

    埼玉県(蓮田市、久喜市、幸手市、上尾市、白岡市、伊奈町、加須市、桶川市、美里町、上里町、さいたま市北区、さいたま市西区、さいたま市見沼区、さいたま市岩槻区、大里郡、寄居町、南埼玉郡、宮代町、北葛飾郡、杉戸町、松伏町)